【FLO】鍛冶屋で有用な「兵士長の盾」の効率検証

YASSY「さて今回はファンタジーライフオンラインをやって行こう」
技師長「またファンタジーですか(;゚Д゚)」
YASSY「ログレスのトラウマかな(笑)」
技師長「ロボットモノで登場した私は、ファンタジーでは私の出番がないのですね…」
YASSY「ギリギリ有るような、無いようなだけど前置き長くなるといけないから頑張っていこう」

鍛冶屋でコスパ最強は兵士長の盾か?

(金策、経験値視点から)

そもそも兵士長の盾とは?

鍛冶屋のライフで、「うできき」まで上がると作成可能な盾
必要素材は、ブラックインゴット(240リッチ)×2と緑デク角材(200リッチ)の3つ
現状は王国騎士専用の盾であり、そこそこの防御力を誇る。
しかし!肝心なところはそこではないのだ!素材が安価にも関わらず適当に作っても1000リッチになると言う点が非常に優秀な点と言えるのだ。

YASSY「雑に解説するとこんな感じだね」
技師長「雑すぎだー(゚Д゚)ノ!」
YASSY「ぐは!⊂⌒~⊃。Д。)⊃」
技師長「この盾はLv30以降ろくな盾が作れない現状において、レベル55くらいまでにならないと作れない盾の貴重なつなぎです」
YASSY「…MAX60レベルの現状では活躍の長い盾なのね…」
技師長「はい!強いて問題を言えば、盾が必要なのは12ライフ中1ライフだけだと言う事です」

そんな盾について今回は検証して行きます。

極大成功時の獲得経験は多い!

YASSY「しばらく気づいていなかったんだけど」
技師長「ほぅ?」
YASSY「成功具合で売値が変わるのは分かっていたものの、まさか獲得経験値が違っていたとは…」
技師長「売りたいばっかりでボタン連打していると意外と気づきませんよね」

YASSY「ちなみに極のタイムは35秒以上っぽいね」
技師長「タイムが制作力などで変動していなければ画像がギリギリかと」

YASSY「獲得経験値が2000を超えるって結構だよね」
技師長「4章クリア後に行けるMAPでは、50レベル付近で壊せる神様も破壊を依頼したくなる鉱石や大木と互角です」
YASSY「現状それらをぶち壊すのに2分~3分くらいかかっている事を考えるとレベリング材料としては良いのかもね」
技師長「手ごろなオブジェがフィールド探索一回につき1個である事を考えると壊せるものが少ない間は、スタミナ分だけ兵士長の盾が有用と言えます」

超やただの成功と比較してみよう


YASSY「成功の段階は極・超・大・普通の4段階であることを考えると…」
技師長「ひとつの段階当たり150くらいづつの差がありそうですね」


YASSY「雑魚敵を倒しても(鍛冶屋だとそれでも倒すのに苦労する)200くらいだから馬鹿にならないね」
技師長「そうですね、制作は2分から3分程度かかりますので効率を考えると極みを狙える所までレベルを上げてから量産する事が望ましいと思います」

極・超・普通の値段を比較してみよう




YASSY「簡単にまとめると…2000、1600、1000リッチくらいかな?」
技師長「現在制作力550でサポートを受けて580くらいになるYASSYだと…フルオートでは普通の成功がギリギリでしたので…自分でやらないと成果が半分になると言う事ですね」
YASSY「制作苦手だからあんまりやりたくないのだけどなぁ」
技師長「参考程度にYASSYのプレイ動画のリンクを張っておきます」

技師長「制作力が580くらいになれば結構失敗しても大丈夫ですから安心してください」
YASSY「(; ・`д・´)何だって…」

制作力が似た防具を比較検証してみた


YASSY「実は制作難易度が少々違ってももらえる経験値は一緒なんだね」
技師長「注目すべきは必要素材と、売値の差です」
YASSY「言うまでもなく、兵士長の盾コスパいいよね(;゚Д゚)」
技師長「売値は3段目が極、四段目が超なのですが…ほんとですね…」

ひとつ下のランクの盾と比較してみた

YASSY「最後に素材が優しいのが売りなら、ワンランク下の盾を見てみよう」
技師長「見ますか?見るだけ時間の無駄かと…」
YASSY「い…一応」

技師長「これが、ランク「うできき」の下にあたる「いっぱし」で作れる盾です」
YASSY「素材の雰囲気も似てるし検証対象だね」

ちゃっちゃらー
YASSY「さすがに余裕の極だね」
技師長「さて…その結末は…一気にお見せしますね…」

 
YASSY「大げさに言うと値段は20分の1で、経験値も約10分の1」
技師長「はい…比べるだけ時間の無駄でした…」

結論

もっといいのあるかも知れないけど!経験値、稼ぎ共に兵士長の盾量産は得策であると言える!以上!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です